amana drone school

Experienced Course

MENU

経験者向け

  • DJI CAMP 検定&特訓コース【DJIスペシャリスト検定&試験直前4時間特別講習】(2日間)
  • フォローアップコース(半日)
  • 特殊飛行トレーニングコース(1日)

DJI CAMP 検定&特訓コース【DJIスペシャリスト検定&試験直前4時間特別講習】(2日間)

【料金:99,800円】税抜き

特  徴 DJIスペシャリストを検定するDJI CAMPに加えまして、試験直前に4時間の講習がプラスされた特別コースをご用意しております。しっかりと講習でトレーニングを行った後にDJIスペシャリスト検定を受けることができます。直前講習を受けることで効率的に検定を受けることができます。

DJI CAMPとは、さらなるスキルアップを目指している方に向けた技能認定講座になります。マルチコプター(ドローン)およびカメラ技術を開発・製造するグローバルリーダー、DJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。

DJI スペシャリストとは?
DJI インストラクターの指導による DJI CAMP( 座学教育と実技指導 )を受講した、10 時間以上の飛行操縦経験がある操縦者です。
受講資格 10時間以上の飛行経験と実際の業務経験並びに、8の字飛行・ノーズインサークルの飛行技能が必要です。
「DJI GOの飛行時間が表示された画面のスクリーンショット」、または「国土交通省への飛行申請取得時に提出した飛行実績の規定文書」のどちらかを申し込み時にお送りください。
日程 2日間(座学1日・実技検定1日)
期  間 2017年12月14日(木)株式会社アマナ 天王洲オフィス 15日(金)木更津オークラアカデミアパーク(受付終了)
2018年 1月12日(金)株式会社アマナ 天王洲オフィス 13日(土)木更津オークラアカデミアパーク(受付終了)
※次回は3月に開催予定です。日程が決まり次第アップデート致します。
使用機体 Phantom 4 Pro(機体はこちらで準備します)
テキスト DJI CAMP技能認定専用テキスト 第三版
※Amazonで事前にご購入の上ご参加下さい
修了試験 座学、実技共に修了試験があります。
料金に含まれるもの 座学・飛行技能講習代、ドローン使用料、練習場使用料、会議室使用料、二日目の昼食
料金に含まれないもの 各講習場所までの交通費、1日目の昼食代
講習場所 《1日目:座学》
 株式会社アマナ天王洲オフィス
《2日目:座学・実技》
 かずさアーク内かずさアカデミアホール会議室
詳しくは下記講習場所をご覧ください。
*宿泊が必要な場合はお客様ご自身でご手配頂きますようお願い申しあげます。
*開催場所は変更になる事が有ります。

■講習場所【1日目:アマナ天王洲オフィス】

東京都品川区東品川2-2-43-T2ビル1F TEL:03-3740-4200(アマナビ)

1日目の座学につきましては、アマナ天王洲オフィスにて開催いたします。

■講習場所【2日目:かずさアーク内かずさアカデミアホール会議室】

〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-3-9 TEL:0438-20-5555

・実技(屋内)会議室(冷暖房完備)201A,B/202A,B(230㎡~360㎡、天井高6.5m)
・座学 会議室(冷暖房完備)107/103(85㎡~100㎡)

かずさアカデミアパーク内(左手かずさアカデミアホール)
実技は屋内大会議室にて実施します。
座学は小会議室にて実施いたします

【講師紹介】(JUIDA認定講師・DJI インストラクター)

airvision所属DJI インストラクターが担当

airvisionホームページはこちら → http://airvision.jp/

【主催】
株式会社 アマナビ
 
【受験費用】
99,800円(消費税別)テキスト代は含まれません。
*テキストは事前に各自でご用意いただきます。

【公式テキスト】 
DJI CAMP技能認定専用テキスト 第三版
Amazonでご購入できます。⇒こちら
認定証発行には別途15,000円(消費税別)が必要です。  
 
【 募集人員】
10名

【スケジュール】

時間 内容
1日目
8:30 受付開始
9:00-9:15 DJI CAMP について
9:15-10:30 安全基準、禁止事項について・演習問題(座学)
10:30-12:00 マルチコプター概論・電波について(座学)
12:00-13:00 昼食(各自お取りください。)
13:00-15:00 気象・飛行・法律について(座学)
15:00-17:00 DJI 製品について(座学)
17:00-18:00 座学筆記テスト
2日目
9:00-9:30 飛行前チェックについて
9:30-12:30 実技講習
12:30-13:00 昼食(お弁当をご用意いたします。)
13:00-14:30 実技講習
14:30-18:00 飛行技能認定テスト

 

【講義内容】

第1章 操縦者の行動規範
第2章 安全基準
第3章 禁止事項
第4章 マルチコプターの概論
第5章 電波について
第6章 気象について
第7章 飛行について
第8章 DJI製品について
第9章 法律について
 

【筆記試験内容】

1. 選択問題:30点と飛行計画筆記問題:20点の合計50点満点
2. 40点以上が筆記試験合格ライン
3. 飛行計画筆記問題は、別途定める採点基準で判定
 

【技能テスト内容】

1. 機体コンディションチェック : 各種機体状況確認をしているか。
2. 離陸(P) : 周囲の安全を確保し、確認してから離陸している。
3. ホバリング(A)1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
4. 右or左のホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
5. 対面ホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
6. 前進してポールまで飛ぶ(A) : 画面中心なら(優)、画面内にポールなら(良)。
7. 対面で離陸地点に戻ってくる(A) : まっすぐ戻ってこられる(優)。逆舵切ったら(良)。
8. 8の字旋回×2(A) : 正確に進行方向で8の字を描く。(縦横不問)
9. ノーズインサークル×2(A) : 正確に中心を向き円を描く。(左右不問)
10. 着陸(A) : 周囲の安全を確保、確認してから着陸している。
 

 

受講規約はこちら お申し込みはこちら 無料説明体験会はこちら