amana drone school

FAQ

よくある質問

アマナドローンスクールの特徴は?
皆さんの講師を担当するのは、数々の撮影現場を経験したプロの現役空撮パイロットです。機材やドローン特有の撮影方法の豊富な知識と経験を持った講師が在籍しております。また、指導方法においても400名以上の卒業生を輩出した豊富な実績をベースに、皆さまの経験に則した的確な指導を行います。
JUIDAとは?
一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(Japan UAS Industrial Development Association)です。ドローンの民生分野における積極的な利活用を推進し、UAS関連の新たな産業・市場の創造を行うとともに、UASの健全な発展に寄与することを目的として2014年7月に設立されました。アマナドローンスクールは、JUIDA認定校の一つとしてUASの正しい知識と技術の普及に務めております。
JUIDAホームページ:https://uas-japan.org/
JUIDA 認定資格コースとDJI CAMPの違いは?
JUIDA 認定資格コースは初心者から経験者までが対象となっており、座学だけでなく11時間の実技指導を行うことで飛行技能の向上を図ることができ、JUIDA認定の操縦技能・安全運航管理者資格を取得できます。DJI CAMPは10時間以上の飛行操縦経験を持った方が対象となりまして、DJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格として、技能認定を実施致します。
JUIDA認定資格:https://uas-japan.org/faq/
DJI CAMP:http://events.dji.com/camp/about
資格を取得するコース(JUIDA認定資格コース、DJI CAMP)を受講する大きなメリットは?
ドローンを飛ばすには、ドローンに関する基本的な知識と技術を身につけることが必要不可欠です。昨今の報道の通り、ドローンに関する事故は大きなニュースとして取り上げられます。
JUIDA認定資格コース、DJI CAMPを受講することで、社会的な信頼を得るための適切な知識と技術を身につけることができます。
アマナドローンスクールは国土交通省ホームページに講習団体として正式に掲載されています。国交省への飛行許可申請を行う際(一部指定の飛行形態のみ)にアマナドローンスクールの修了証を添付することで、一部の書類(操縦技能確認書類)の提出を省略する事ができ、手続きを簡略化することができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
国土交通省ホームページリンク:http://www.mlit.go.jp/common/001208252.pdf
JUIDA認定資格 操縦技能取得コースにおいて具体的な飛行技術は何が身につくのか?
屋内においては上昇・下降・左右移動・機種転回などの基本的な操作に加えて、その動きを複合した3点間・4点間移動をPモード・Aモード(※)両方の飛行モードにて行います。屋外では、Pモードでの遠距離・高高度飛行、自動帰還模擬体験などを行います。
※Pモード(ポジションホールドモード)は高度と位置(屋外ではGPSも利用)維持機能を利用する飛行方法です。Aモードは高度維持機能のみを利用する方法で、自身で位置補正を行いながら飛行します。
資格は必ず取得できるのか?
必ず取得できるとは限りません。指定の筆記試験・操縦技能試験に合格した方のみが修了証を取得することができます。スクールでは、豊富な指導経験を持った講師が多数在籍しており、合格までしっかりと指導致しますので、安心してご参加ください。
※60歳以上で初めてドローンを操縦される方、視力に心配がある方は事前に事務局までご相談ください。